facebook instagram

マウンテンバイク(MTB)販売/オーバーホール/修理の専門店MDS

TEL.03-3956-4314

  • AM 11:00~PM 20:00 (日曜日 PM 19:00まで)
  • 定休日:毎週火曜日・水曜日お問い合わせ
  • BIKE PARTS GOODS
  • MAINTENANCE
  • CUSTOMIZE

油圧ディスクブレーキ エア噛みにご用心。

2018.12.12

制動力とコントロール性能に優れる油圧ディスクブレーキにも、いくつかの弱点があります。

そのひとつが、オイルラインにエアが混入しブレーキレバーのタッチがふにゃふにゃになってしまうエア噛みというトラブル。

ブレーキパッドの消耗が進むと、その分キャリパーのピストンがせり出し、ブレーキレバーのリザーバータンクからキャリパーへブレーキフルードが送り込まれます。

ブレーキフルードが減ったリザーバータンクには多くの場合エアホールが発生します。この状態で、逆さま、もしくは横倒しでブレーキレバーを引いてしまうと、リザーバータンクとマスターシリンダーを繋ぐ穴からオイルラインにエアが混入してしまう可能性があります。

輪行や車載をする場合にホイールを外す場合はブレーキパッドの間に必ずパッドスペーサーを入れる様にしましょう。(ない場合は折りたたんだ厚紙でもオッケー)

また、ピストンがかなり出ている様であれば、ブレーキパッドが減っているシグナル。早めにブレーキパッドを交換しましょう。

上へ