facebook instagram

マウンテンバイク(MTB)販売/オーバーホール/修理の専門店MDS

TEL.03-3956-4314

  • AM 11:00~PM 20:00 (日曜日 PM 19:00まで)
  • 定休日:毎週火曜日・水曜日お問い合わせ
  • BIKE PARTS GOODS
  • MAINTENANCE
  • CUSTOMIZE

Maintenance「メンテナンスのチップス・オーバーホールについて」

日常起こりうるトラブルと原因や、メンテナンスチップスの紹介と、愛車の健康を維持するためのオーバーホール等のご案内。

  • 例えばこんなパターンも #オーバーホール&アップグレード

    2018.12.08

    例えばこんなパターンも #オーバーホール&アップグレード

    今回オーバーホールを兼ね、大幅なアップグレードを行った、INTENS TRACER T275。 ゲレンデシーズン中、雨というコンディションも厭わずライディングを重ねた結果、バイクのリンク周りやヘッド周りの作動に問題点が発

  • メンテナンスとオーバーホールのススメ!

    2018.12.07

    メンテナンスとオーバーホールのススメ!

    <メンテナンスとオーバーホールのススメ> ダウンヒルコースでのライドや、SDA王滝等の耐久レースで酷使したバイクは予想以上に疲れ、そしてダメージを受けています。また、通常のトレイルライドでも、走行距離や経年とともにフレー

  • ヘッドセットの緩み調整について

    2018.11.27

    ヘッドセットの緩み調整について

    今では当たり前のようになってしまったアヘッドタイプのヘッドセット。ベアリングの玉当たり調整がし易く、軽量で高剛性、さらにヘッドのガタが出にくいという特徴がありますが、ヘッドセットパーツの消耗や、ステムの交換もしくはステム

  • 大人のカスタマイズ『ドロッパーシートポスト』

    2018.11.25

    大人のカスタマイズ『ドロッパーシートポスト』

    フィールドの状況に応じサドルの高さを変えて走り易いライディングポジションを得る、これはトレイルライドに欠かせないテクニックのひとつであります。
しかし、登り下りの状況が激しく変化するトレイルライドにおいて、いちいちサドル

  • 大人のMTBカスタマイズ『ホイールのアップグレード』

    2018.11.23

    大人のMTBカスタマイズ『ホイールのアップグレード』

    自分のバイクのどこをカスタマイズすれば、より乗りやすくカッコ良くなるのか?マウンテンバイクにハマってしまった方が必ずもたれる悩みが、この悩み。 今回ご提案する効果の高いカスタム化は、ホイール周りのアップグレード。 例えば

  • 大人のカスタマイズ『ブレーキのアップグレード』

    2018.11.22

    大人のカスタマイズ『ブレーキのアップグレード』

    自分のバイクのどこをカスタマイズすれば、より乗りやすくカッコ良くなるのか?マウンテンバイクにハマってしまった方が必ずもたれる悩みが、この悩み。 今回オススメするアップグレードは、バイクのコントロールに必要なマストアイテム

  • 大人のカスタマイズ『駆動系のアップグレード』

    2018.11.20

    大人のカスタマイズ『駆動系のアップグレード』

    自分のバイクのどこにお金をかければ、より乗りやすくなるのか? 今回オススメするアップグレードは、駆動系のアップグレードです。 多くのお客さまにご提案し、ご好評を得てきた駆動系アップグレードが、既にポピュラーになった、フロ

  • 大人のカスタマイズ『サスペンションのアップグレード』

    2018.11.19

    大人のカスタマイズ『サスペンションのアップグレード』

    自分のバイクのどこをカスタマイズすれば、より乗りやすくカッコ良くなるのか? マウンテンバイクにハマってしまった方が必ずもたれる悩みが、この悩み。 今回ご提案する効果の高いカスタム化は、サスペンションのアップグレード。 マ

  • 大変ですが好評です、旧車のオーバーホール。

    2018.11.15

    大変ですが好評です、旧車のオーバーホール。

      続いていた旧車のフルオーバーホールが一段落しました。 今回オーバーホールが終わったバイクは、1998 Porshe Bike S、2007 Rocky Mountain ETS-X10、2008 Speci

  • チューブレスバルブのシーラント詰まりにご用心(ちょいと改訂)

    2018.11.11

    チューブレスバルブのシーラント詰まりにご用心(ちょいと改訂)

    チューブレスタイヤで、パンクしていないのにタイヤのエアがスローリークする、ポンプでエアがスムーズに入らないなどのトラブルの原因として、エアバルブのバルブコアの作動不良が考えられます。 上の画像は、エアバルブのバルブコア内

上へ