facebook instagram

マウンテンバイク(MTB)販売/オーバーホール/修理の専門店MDS

TEL.03-3956-4314

  • AM 11:00~PM 20:00 (日曜日 PM 19:00まで)
  • 定休日:毎週火曜日・水曜日お問い合わせ
  • BIKE PARTS GOODS
  • MAINTENANCE
  • CUSTOMIZE

Maintenance「メンテナンスのチップス・オーバーホールについて」

日常起こりうるトラブルと原因や、メンテナンスチップスの紹介と、愛車の健康を維持するためのオーバーホール等のご案内。

  • カセットスプロケットの取り付けについて

    2019.01.11

    カセットスプロケットの取り付けについて

    ホイールのクリーニングやメンテナンスで、カセットスプロケットをご自分で外す方も多々いらっしゃいますが、カセットスプロケット(以下:CS)の取り付け方を誤るといろいろなトラブルの原因になるので、取り付けは慎重に行いましょう

  • こんなん出来ちゃいました!既存のパーツを活かしてアップグレード!

    2019.01.09

    こんなん出来ちゃいました!既存のパーツを活かしてアップグレード!

    主にアドベンチャーレースで使われているSCOTTのアルミハードテイルを、既存のパーツを活かしつつ、アップグレードしたいとのご要望にお応えし、組み上げたのが、このLITEC ARCであります。 フレームは超軽量かつタフでフ

  • エアゲージのお話し

    2019.01.05

    エアゲージのお話し

    最近のマウンテンバイクは、ワイドタイヤやワイドリムによるハイボリューム化、またシーラントによるチューブレス化や27.5プラスタイヤの台頭で、より少ない空気圧での使用が一般的になっています。 2.4前後のタイヤで2bar、

  • 6角レンチのお話し

    2019.01.04

    6角レンチのお話し

    弊店で日々活躍している工具のお話し。 6角レンチは、スポーツバイクの組立やメンテナンスで最も多く使う工具。(ヘックスレンチとかアーレンキーなんて呼び方もあります。) 日々多用する工具ですから、精度の高さと耐久性、そしてな

  • タイヤのエアボリュームに合わせたポンプがオススメです。

    2018.12.27

    タイヤのエアボリュームに合わせたポンプがオススメです。

    27.5インチや29インチのホイールが主流のマウンテンバイクは、タイヤのエアボリュームが大きいため、小型の携帯ポンプではエア圧調整やパンク修理に多くのポンピングが必要となり大変苦労します。 状況によっては、画像の様にバル

  • 目に見えないトラブル(リアサスペンションのベアリング)

    2018.12.19

    目に見えないトラブル(リアサスペンションのベアリング)

    フルサスペンションバイクのフルオーバーホールを行う場合、パーツを外したフレームを分解出来るだけ分解し、各部の問題部分を探し出します。 画像のカートリッジベアリングはフレームのメインピボットに使用されていたもので、水や泥等

  • 油圧ディスクブレーキ エア噛みにご用心。

    2018.12.12

    油圧ディスクブレーキ エア噛みにご用心。

    制動力とコントロール性能に優れる油圧ディスクブレーキにも、いくつかの弱点があります。 そのひとつが、オイルラインにエアが混入しブレーキレバーのタッチがふにゃふにゃになってしまうエア噛みというトラブル。 ブレーキパッドの消

  • こんなんいかがでしょ? ディスクローターの鉄粉除去処理

    2018.12.11

    こんなんいかがでしょ? ディスクローターの鉄粉除去処理

    ☝鉄粉除去処理前のディスクローター ディスクローターは使っていくうちに様々な原因により、その表面に目に見えにくい鉄粉が固着し、ブレーキ性能の低下を招きます。 弊店では、反応性と鉄粉除去能力が約2倍に向上したワコーズのNe

  • 例えばこんなパターンも #オーバーホール&アップグレード

    2018.12.08

    例えばこんなパターンも #オーバーホール&アップグレード

    今回オーバーホールを兼ね、大幅なアップグレードを行った、INTENS TRACER T275。 ゲレンデシーズン中、雨というコンディションも厭わずライディングを重ねた結果、バイクのリンク周りやヘッド周りの作動に問題点が発

  • メンテナンスとオーバーホールのススメ!

    2018.12.07

    メンテナンスとオーバーホールのススメ!

    <メンテナンスとオーバーホールのススメ> ダウンヒルコースでのライドや、SDA王滝等の耐久レースで酷使したバイクは予想以上に疲れ、そしてダメージを受けています。また、通常のトレイルライドでも、走行距離や経年とともにフレー

上へ