facebook instagram

マウンテンバイク(MTB)販売/オーバーホール/修理の専門店MDS

TEL.03-3956-4314

  • AM 11:00~PM 20:00 (日曜日 PM 19:00まで)
  • 定休日:毎週火曜日・水曜日お問い合わせ
  • BIKE PARTS GOODS
  • MAINTENANCE
  • CUSTOMIZE

M.D.S. News「新着情報」

新商品、イベントやセール情報など、Coolな新着情報をご案内!

  • いっそ通学バイク 

    2020.02.23

    いっそ通学バイク 

    画像のバイクは昔からの常連さんのご依頼を受け、2005 Rocky Mt. ETS-X 50をベースに街乗り&通学用としてカスタマイズしたバイクであります。 元々の持ち主は、大島ツアーをはじめとするMTBツアーに積極的に

  • なかなかの消費量です。

    2020.02.22

    なかなかの消費量です。

    マウンテンバイク屋の作業で、ほぼ毎日行っている作業がディスクブレーキのブリーディング作業、俗に言うエア抜きですが、一般ユーザー向けのマニュアルに記されている方法では、このブリーディング作業で使うブレーキフルードの量はさほ

  • 2019 Troy Lee Designsヘルメットセールです!

    2020.02.21

    2019 Troy Lee Designsヘルメットセールです!

    2020Troy Lee Designsヘルメットも発表になったということで、現在在庫のトロイリーヘルメットのセールを行います。 意外と稀少デザインのモデルもアリってことで、早い者勝ち、頭に合えばラッキー!でしょうか。そ

  • 2020 Troy Lee Designsヘルメット入荷中!

    2020.02.20

    2020 Troy Lee Designsヘルメット入荷中!

    <Troy Lee Designs  A2 HELMET :¥20,600(税別)> 洗練されたフォルムとグラフィックが魅力のTroy Lee Designs ヘルメットの2020モデルが入荷しました。 特徴的なデザイン

  • リアショックのオーバーホールとアップグレード

    2020.02.18

    リアショックのオーバーホールとアップグレード

    先日、リアショックの修理やオーバーホールについてお話ししましたが、リアショックについてのオーバーホールとアップグレードについてもお伝えしようかと。 <リアショックのオーバーホール> 画像はフルオーバーホールを行った、 R

  • 現在のオーバーホール進捗状況

    2020.02.17

    現在のオーバーホール進捗状況

    昨年から続いているバイクのフルオーバーホールですが、ご依頼分の7割方が終了し、今週末あたりからご予約受け入れが可能な状況になりました。 なにぶん時間のかかる作業ですので、バイクのお預かりから状態により約2週間ほどお預かり

  • 古いリアショックの修理について

    2020.02.16

    古いリアショックの修理について

    最近、古いリアショックの修理についてのお問い合わせが増えています。 リアショックの修理やオーバーホールには、そのモデルに応じたパーツが必要となりますが、メーカーや国内代理店の補修パーツ保有期間は、そのモデルの生産終了後か

  • こんなんいかがでしょ?2020 Rocky Mountain Growler 50

    2020.02.15

    こんなんいかがでしょ?2020 Rocky Mountain Growler 50

    2020 Rocky Mountain Growler 50:¥218,000(税別) 新たに29プラスタイヤを採用したGROWLER 50は、よりアグレッシブなジオメトリーに進化、下りで抜群の安定感を発揮しテクニカルナ

  • こんなんいかがでしょ?Troy Lee Designs STAGEプロテクター

    2020.02.14

    こんなんいかがでしょ?Troy Lee Designs STAGEプロテクター

    Troy Lee Designs STAGEエルボーガード:¥8,700(税別) Troy Lee Designs STAGEニーガード:¥10,000(税別) Troy Lee DesignsよりSTAGEエルボーガー

  • フレームのアジャスト機構の活用

    2020.02.13

    フレームのアジャスト機構の活用

    MTBのフレームはその用途に応じたジオメトリー(フレーム各部の角度やサイズ)で作られています。 ほとんどのバイクのジオメトリーは固定となりますが、一部のモデルではフレームに設けられたアジャスト機構でジオメトリーを可変させ

上へ