facebook instagram

マウンテンバイク(MTB)販売/オーバーホール/修理の専門店MDS

TEL.03-3956-4314

  • AM 11:00~PM 20:00 (日曜日 PM 19:00まで)
  • 定休日:毎週火曜日・水曜日お問い合わせ
  • BIKE PARTS GOODS
  • MAINTENANCE
  • CUSTOMIZE

Dot系ブレーキフルードに気をつけろ!

2019.08.09

※)M.D.S.はお盆期間中も定休日(火曜日&水曜日)を除き通常営業しております。

過去に何度もお伝えしているDot系ブレーキフルードを使ったディスクブレーキのお話し。

特にこの時期、湿度と気温が高い日が続くと、メンテナンスを怠っているDot系ディスクブレーキでは、ブレーキレバーの遊び無くなり、時にはレバーを引いてもいないのに勝手にブレーキが効いてしまうという現象が起こります。

Dot系ブレーキフルードは吸湿性が高く、放っておくとフルードが空気中の水分を吸湿して膨張し、これがブレーキレバーの遊びが全くなくなるという現象につながります。

さらに使わない状態で放置しておくと、吸湿したブレーキフルード内の水分が原因でブレーキシステム内部に腐食を起こす場合があります。

上の画像は、数年使わずにいたブレーキで、吸湿による腐食が進み、マスターシリンダーへのフィッティングボルトが腐食のため崩壊。また、マスターシリンダー内部もご覧のような状態で、もう手の施し用のない状態でした。

Dot系のブレーキフルードを使っているブレーキは定期的なメンテナンスが必要となります。

古めのDot系ブレーキは少なくとも1年から1年半に一度はオイル交換されることを強くお薦めいたします。

上へ