facebook instagram

マウンテンバイク(MTB)販売/オーバーホール/修理の専門店MDS

TEL.03-3956-4314

  • AM 11:00~PM 20:00 (日曜日 PM 19:00まで)
  • 定休日:毎週火曜日・水曜日お問い合わせ
  • BIKE PARTS GOODS
  • MAINTENANCE
  • CUSTOMIZE

いにしえのワールドカップバイクをレストア

2019.09.08

このバイクは、かつてワールドカップのDHシーンを賑やかした、2001 SINTESI BAZOOKA DH。

このバイクを愛して止まないお客さまのご要望を受け、使えるパーツは使いつつ、先ずは街乗りバイクとして楽しめるよう、レストア&カスタマイズしました。

手始めにフレーム各部のチェックと増し締めを行い、壊れていたヘッドセットをこのバイクの雰囲気に合わせTIOGAのヘッドセットに交換。

リアショックはリバウンド回路が生きていたので、このまま流用しフロントサスにRockShox Boxxer RCを装着。

駆動系はシマノZEEとSLX 11速を組み合わせた1×11システム。

快適に変速出来るようチェーンラインを調整した結果、DHバイクの象徴であるチェーンデバイスは残念ながら撤去。ただしアッパーのチェーンガイドは雰囲気維持のため残すことに。

ブレーキは将来を見据え?最新のシマノXT4ポッドキャリパーを採用、ただし、街乗りメインということで、前後ローターはXTに対応する廉価版の180㎜を採用。

ホイールは今回予算の都合でオーナーさん手持ちのホイールを流用し、タイヤは、SCHWALBEのBIG APPLEを組み合わせました。

このバイクの特殊なシートポストサイズには少々悩まされましたが、手持ちのシートポストシムと、たまたま在庫していたEASTONのEA70シートポストの組み合わせで見事解決!

オリジナルのEASTONカーボンハンドルとのマッチングもピッタリと決まりました。

いろいろとありましたが、無事復活を果たした名車:SINTESI BAZOOKA DH、将来のアップデートが楽しみなレストアとなりました。

上へ