facebook instagram

マウンテンバイク(MTB)販売/オーバーホール/修理の専門店MDS

TEL.03-3956-4314

  • AM 11:00~PM 20:00 (日曜日 PM 19:00まで)
  • 定休日:毎週火曜日・水曜日お問い合わせ
  • BIKE PARTS GOODS
  • MAINTENANCE
  • CUSTOMIZE

フロントサス&ホイールのアップグレードで走破性とコントロール性能をアップ!

2019.02.11

今回アップグレードを行った2017 SLAYER 790MSLは、現行モデルと同じBoost仕様のフレームながら、当時は170㎜トラベルのBoostフォークが存在しなかったため、20㎜スルーアクスルのFox 36F27.5 170mm FIT 20TAフォークがデフォルトになっておりました。

購入後約2年経ったということで、今回、走破性とコントロール性能をより高めるという目的で、フロントサスペンションとホイールをアップグレード。

フロントフォークにはFox 36F27.5 170mm GRIP2 15TA Boost、ホイールにはRACEFACE NEXT Rホイールセットを使用しました。

デフォルトのフォークと新しいフォークを並べてみると、レッグ間の幅の差がよくお解りになるかと。

フォーク&ホイールをBoost仕様にすることでフロント周りの剛性が上がり、走破性とコントロール性がアップ、同時にタイヤクリアランスも大きくなるため、タイヤの選択肢が増えるというメリットも生まれます。

フォーク交換時の作業としてクラウンのフェーシングを行い、ヘタっていたヘッドセットのロワーベアリングを精度と耐久性に高いものに交換、この細かい部分のアップグレードも確実に性能とフィーリングの向上に繋がる作業となります。

上へ