facebook instagram

マウンテンバイク(MTB)販売/オーバーホール/修理の専門店MDS

TEL.03-3956-4314

  • AM 11:00~PM 20:00 (日曜日 PM 19:00まで)
  • 定休日:毎週火曜日・水曜日お問い合わせ
  • BIKE PARTS GOODS
  • MAINTENANCE
  • CUSTOMIZE

この傷、意外と危険です。

2019.08.24

上の画像はリム打ちパンクを起こした際に受けたリムのダメージ。

さて、この状態のままホイールを使い続けるとどうなるのか?

正解は、荷重を受けた際に変形したタイヤのサイドウォールが、このリムの傷に擦れて損傷、結果としてタイヤが切れてパンクする、であります。

では、このリムはもう使えないのか?というと、それは否。

リムの傷が常にタイヤのサイドウォールに接する場所でなければ、次の様に表面処理してやれば、まだ利用は可能。

先ずは、リムの傷を中細目の紙ヤスリで削りすぎないように面取りします。次に高番手の紙ヤスリに水を付け、表面を滑らかに仕上げます。

表面をしっかり脱脂した後、エポキシで表面を薄く覆います。

完全に硬化した後、エナメル系のペイントを塗って作業は終了。

似た様なダメージを受けてしまった場合は、是非お試しあれ!

上へ