facebook instagram

マウンテンバイク(MTB)販売/オーバーホール/修理の専門店MDS

TEL.03-3956-4314

  • AM 11:00~PM 20:00 (日曜日 PM 19:00まで)
  • 定休日:毎週火曜日・水曜日お問い合わせ
  • BIKE PARTS GOODS
  • MAINTENANCE
  • CUSTOMIZE

チューブレスバルブのシーラント詰まりにご用心!(改訂版)

2019.08.31

チューブレスタイヤで、パンクしていないのにタイヤのエアがスローリークする、ポンプでスムーズにエアが入らない等のトラブルの原因として、エアバルブのバルブコアの作動不良が考えられます。

上の画像は、エアバルブのバルブコア内側にタイヤシーラントが固着してしまったもの。

チューブレスタイヤの空気圧調整を行う際、バルブから排出されるエアと同時に内部のシーラントが排出されると、バルブコア部でシーラントが固着する場合があります。

これが数回重なるとバルブコア内でのシーラント固着化が進み、最終的にバルブコアの作動不良を引き起こします。

空気圧調整を行う際は、バルブ位置をシーラント溜まりから遠い位置で行う、また、時々バルブコアを外して掃除するようにしましょう。

軽度のシーラント詰まりであればクリーニングで対応出来ますが、トラブル予防のため、バルブコアは定期的に交換されることをオススメします。

ちなみに、バルブコアの価格はペアで税抜き¥400ほどです。

 

上へ