facebook instagram

マウンテンバイク(MTB)販売/オーバーホール/修理の専門店MDS

TEL.03-3956-4314

  • AM 11:00~PM 20:00 (日曜日 PM 19:00まで)
  • 定休日:毎週火曜日・水曜日お問い合わせ
  • BIKE PARTS GOODS
  • MAINTENANCE
  • CUSTOMIZE

ほぼレストアなオーバーホール

2019.12.01

フルオーバーホール&カスタマイズのご依頼を承ったものの、予想以上に作業に時間がかかり、納車に1ヶ月以上かかった、25年前の名車:MARIN TEAM TITANIUMのご紹介。

しばらく室外保管していたところ、画像の様な状態になってしまったTEAM TITANIUM、このバイクを何とか復活させたいというオーナーさまのご要望を受け、今回、フルオーバーホール&カスタマイズを行うことになりました。

今後どのように使いたいのかというご希望を聞き、先ずは使える部品の選定を行い、活かせるパーツは活かし、それらに新しいパーツを加え街乗りメインのランナバウト仕様のMTBにすることに。

フレームは固着した部品を外す手間はあったものの、ほぼ問題なし!そしてホイールは奇跡的に良い状態だったのでオーバーホールのみで再使用することに。

ブレーキ関係と駆動系はクランクセット本体を除きほぼアウト!

その他、ヘッドセット、ステム、ハンドル、グリップも交換。

ブレーキは、フレームフォークへの影響とヴィジュアル的な部分でVブレーキは使いたくなかったので、シマノの新しいシクロ用カンチブレーキ:CX50とBL-R780レバーとの組み合わせをチョイス、ハンドルはお客さまが所有されていた懐かしのEASTON EA70フラットバーを使用。

さほどスピードは出さないということなので、駆動系はSLXのパーツと既存のWHITE BROSのクランクを組み合わせた1x11システムを組むことに。

ここで苦労したのが、錆び付いてしまったパーツの取り外しとBCD94のN/Wチェンリング探し。幸い、WOLFTHOOTHのBCD94のN/Wチェンリングが国内で入手出来たので、こちらを使うことに。

ヘッドセットはコスパに優れるTANGE精機製、タイヤは街乗りに最適なMAXXISのOVER DRIVEを採用。

オーバーホール後に試乗したのですが、思いの外スムーズで快適♪

復活したMARIN TEAM TITANIUM、今後も末永くご愛用頂ければ幸いです。

※)弊店では旧車のフルオーバーホールやレストアを承っておりますが、バイクの状況により安全性を確保出来ない場合は、作業をお断りすることもございます。ご了承下さい。

 

上へ