facebook instagram

マウンテンバイク(MTB)販売/オーバーホール/修理の専門店MDS

TEL.03-3956-4314

  • AM 11:00~PM 20:00 (日曜日 PM 19:00まで)
  • 定休日:毎週火曜日・水曜日お問い合わせ
  • BIKE PARTS GOODS
  • MAINTENANCE
  • CUSTOMIZE

手軽にカスタマイズ!スチールチェンリングをアルミに!

2019.12.22

そこそこのグレードのマウンテンバイクであれば、1×111×12の駆動システムが当たり前のようになった昨今。

それに伴い、ダイレクトマウント・チェンリングも多用されているわけですが、完成車のクランクセットに付いているダイレクトマウント・チェンリングのほとんどがスチール製ということをご存じでしょうか?実はこいつが意外と重い・・・。

オフセットは異なりますが、SRAMのDMチェンリング32Tで、スチールとアルミの差は64gと体感出来る重量差が出ています。

さて、SRAMRACEFACEやサードパーティーのメーカーからはオプション用として、ダイレクトマウントのアルミ製チェンリングが発売されています。

クランクセットからチェンリングを外し、スチール製とアルミ製チェンリングの重量を比べてみると、メーカーやチェンリングの歯数によってバラツキはありますが、その差はアベレージで約60100gとなかなかの差が。

オプションチェンリグの価格は¥6,000〜¥13,000と結構ばらついておりますが、今のところしっかりしたブランドであればほぼ問題なし。

この予算で回転部分の軽量化が図れるのは、なかなかコスパがよろしいかと。

だたし、チェンリングの互換性やチェンリングの歯数、またオフセットを間違えると、チェンリングが付かない、フレームへ干渉する、チェーンのコマ数が足りなくなるというトラブルの原因となりますので、事前のリサーチは慎重にどうぞ!

上へ