facebook instagram

マウンテンバイク(MTB)販売/オーバーホール/修理の専門店MDS

TEL.03-3956-4314

  • AM 11:00~PM 20:00 (日曜日 PM 19:00まで)
  • 定休日:毎週火曜日・水曜日お問い合わせ
  • BIKE PARTS GOODS
  • MAINTENANCE
  • CUSTOMIZE

だいぶドヨンとしてました。2008 MAGURA LOUISEの熟成ブレーキフルード。

2020.02.03

ブレーキの効きが悪くブレーキのタッチもフワッとして曖昧・・・。

いうということで、弊店に持ち込まれた2008製MAGURA LOUISEが付いたCANNONDALEのMTB。

試しにブレーキ回路内のブレーキフルードを抜いてみると、ご覧の様なドヨンとした濃い緑色に変色しておりました。

新しいマグラの純正ブレーキフルードは綺麗に透き通ったロイヤルブルーですが、オーナーさんのお話によると、購入後一度もブレーキフルード交換したことのないとのこと。

もともと使用頻度が少なかったこと、バイクの保管状態が良かったことも幸いしてか、マスターシリンダーのダイアフラムやキャリパーのシールの状態もなんとかイケそうな状態と判断した上、キャリパー内のクリーニング、ブレーキフルードを多目に流してのブレーキ回路クリーニングを実施。

その後、きっちりエア抜きを施したところ、ほぼ正常仕様出来る状態に復活してくれました。

高性能なマグラブレーキとはいえ、メンテナンスを怠っているとドラブルを招いたり、ブレーキ寿命の短縮に繋がることも多々あります。

お使いのブレーキに不安を感じたら、ご遠慮なくチェック&メンテナンスをご用命下さい。

上へ