facebook instagram

マウンテンバイク(MTB)販売/オーバーホール/修理の専門店MDS

TEL.03-3956-4314

  • BIKE PARTS GOODS
  • MAINTENANCE
  • CUSTOMIZE

パーツ外しは慎重に!

2021.03.05

トップ画像はクラウン上面に、めくれた様なキズが数カ所ついてしまったフロントフォーク。

多分、フォークのクラウンレース(ヘッドパーツの下玉押し)を外す際に、クラウンレースとクラウン上面の間にマイナスドライバー?を当て、ハンマーで叩きながらクラウンレースを外した際に付いてしまったキズかと。

なかなかワイルドな仕事ですなぁ〜。

さて、この様な状態のクラウンに新たなクラウンレースを圧入しても、クラウンレースとヘッドセットの平行が出ないため、ヘッドセットの調整をスムーズに行えないばかりか、ヘッドベアリングの寿命を著しく縮めてしまう可能性があります。

この様なキズが付いてしまったクラウンは、上面をフェイスカッターでフェイシングして補修します。(結構お高くつきます)

クラウンレースを外す場合は、専用工具を使うのがベストですが、無い場合はプロショップに任すか、クラウン上部にキズが使いない様に慎重に作業しましょう。

上へ