facebook instagram

マウンテンバイク(MTB)販売/オーバーホール/修理の専門店MDS

TEL.03-3956-4314

  • BIKE PARTS GOODS
  • MAINTENANCE
  • CUSTOMIZE

大人のカスタマイズ 駆動系のアップグレード 2021

2021.03.08

バイクのどこをカスタマイズすれば、より乗り易くなるのか?

今回オススメするアップグレードは、駆動系のアップグレードです。

数年前からお客さまにご提案し、ご好評を得てきた駆動系アップグレードが、フロントシングル&リア11〜12速という駆動系のワンバイシステム。

もはやMTBの世界ではスタンダードとなってしまった、ワンバイシステムの目的は、駆動系の簡素化と変速トラブルの削減。

このワンバイシステムの構築にあたり、前後マルチの駆動システムと同等のギアレンジを得るため、リアスプロケットのギアレンジがワイド化され、また、変速をスムーズに行うため、ギアが多段化されました。

結果、フロントチェンリングが1枚のみとなり、フロントディレーラー、フロント変速用シフターが不要となった分だけでも約300g以上の軽量化に繋がりました。

ワンバイシステムはリアのみの変速となるため、変速操作が簡略化され、ギアの繋がりもリニアになり変速トラブルも減少します。

また、ナロー&ワイド・チェンリングとスタビリティーの高いリアディレーラーを使用することで、チェーン外れが減少し駆動効率も増加します。

その他、ドロッパーポストやサスペンションのリモートレバーをハンドルの左側にまとめられるというメリットも生まれます。

良いことずくめのフロントシングル化+リア多段化ですが、唯一悩めるところが、前後ギアの歯数の組み合わせ。

しかし、ギアの組み合わせに関しては、バイクの使い方に応じた基本的なパターンが既に確立されており、使い方に応じたカスタマイズも可能となっています。

ご自分のバイクをどうやってカスタムしていけばいいのか?

ご相談を承りますので、ご遠慮なくご来店下さい。

上へ