facebook instagram

マウンテンバイク(MTB)販売/オーバーホール/修理の専門店MDS

TEL.03-3956-4314

  • BIKE PARTS GOODS
  • MAINTENANCE
  • CUSTOMIZE

あらためてBBシェル・フェイスカットの意味とは?

2021.07.16

ホローテック IIタイプのクランクセットを使う場合は、専用のBB(ボトムブラケット)を使用しますが、このBBをフレームに取り付ける場合は、フレームのフェイスカットが必要となります。

この理由をご存じの方も多々いらっしゃると思いますが、復習を兼ねあらためてご説明しようかと。

先ずは、ホローテック IIタイプのクランクセットを使うメリットについて。

ホローテック II タイプのクランクセットは、クランクとBB軸が一体構造になっており、クランクセットの剛性化と軽量化を高い次元で実現させています。

ホローテック II タイプのクランクセットは、ベアリングの位置をBBシェルの外側に出すことでベアリング間の幅が広がり、BB軸のたわみ抑制と安定性を得ることが出来、ペダリングパワーを高効率に伝達することが出来ます。

これが、ホローテック IIタイプのクランクセットのメリットになります。

しかし、フレームのBBシェル両端の並行が出ていないと、BBセットを取り付けた(適正トルクで締め付けた)際に左右のBBセットの平行が保たれず、ベアリングへの負荷が不均等となってしまいます。

このため、回転が重くなるばかりでなく、ベアリングの寿命を極端に縮める可能性もあります。

上の画像はあるバイクのBBをフェイスカットしている途中の画像ですが、ご覧の様にシェルの削りムラが確認出来ます。これはBBシェルの両面が平行でないという証しで、平行を出すためには、さらにフェイスカットを進める必要があります。

BBシェルを完全にフェイスカットした後、BBセットを正確に取り付けた状態が上の画像になります。

ホローテック IIタイプのクランクセットの性能を100%発揮させるためには、BBシェルのフェイスカットが必要ということを、ご理解できたでしょうか。

弊店では、バイクのアップグレードやカスタマイズ、メンテナンスについて諸々承っております。

他店で購入されたバイクについても承っておりますので、ご遠慮なくご相談下さい。

 

上へ