facebook instagram

マウンテンバイク(MTB)販売/オーバーホール/修理の専門店MDS

TEL.03-3956-4314

  • BIKE PARTS GOODS
  • MAINTENANCE
  • CUSTOMIZE

M.D.S. News「新着情報」

新商品、イベントやセール情報など、Coolな新着情報をご案内!

  • 入荷しました!MAVIC  CROSSRIDE UB

    2022.04.30

    入荷しました!MAVIC  CROSSRIDE UB

    MAVIC  CROSSRIDE UB : ¥41,800(税込・前後セット)重量:1700g(ペア) カンチブレーキやVブレーキ仕様のリムブレーキMTBを愛用するマウンテンバイカーに人気の完組ホイールセット:MAVIC

  • こんなんいかがでしょ?2022 uvex hlmt 10 bikeヘルメット

    2022.04.29

    こんなんいかがでしょ?2022 uvex hlmt 10 bikeヘルメット

    uvex hlmt 10 bike:¥18,700(税込) 非常にリーズナブルながら、強靱なフルフェイスヘルメットのご紹介。 ゴーグルやアイウェアで有名なドイツの老舗、uvex社のフルフェイスヘルメット:hlmt 10

  • Vittoria Terreno 再入荷しました!

    2022.04.28

    Vittoria Terreno 再入荷しました!

    MTBらしい雰囲気をキープしながら街乗りをガンガン楽しみたいという方にオススメのセミスリックXCタイヤ:Vittoria Terrenoが再入荷いたしました。 Vittoria Terreno  29×2.25

  • MTBタイヤの空気圧管理について

    2022.04.27

    MTBタイヤの空気圧管理について

    最近のMTBのタイヤは、タイヤ自体のハイボリューム化とチューブレス化がスタンダードとなり、より低い空気圧での使用が一般的になりました。 タイヤのサイドウォールには、プラスタイヤで約2.5bar(35PSI)、2.4前後の

  • Rockshox Boxxer Charger Damper Upgradeキットのご紹介。

    2022.04.27

    Rockshox Boxxer Charger Damper Upgradeキットのご紹介。

    お使いのRockshox Boxxerをワンランク上のダウンヒルフォークにアップグレードする、Boxxer Charger ダンパー・ アップグレードキットのご紹介。 Rockshox Boxxer Charger ダン

  • 南アルプスを快適ライド!

    2022.04.25

    南アルプスを快適ライド!

    昨日はお店をお休みさせて頂き、弊店のお客さまと、南アルプスマウンテンバイク愛好会さんが管理されている、南アルプスのトレイルをライドしてまいりました。 このトレイルの魅力は、山梨県、南アルプス市、平岡地区公認のトレイルであ

  • DART TOOLを使用する際のチップス

    2022.04.24

    DART TOOLを使用する際のチップス

    チューブレスタイヤ補修ツール:DART TOOLを使用する際のチップスのご紹介です。 DART TOOLは、タイヤ内のシーラントを利用してパンク部分を補修するツールです。 つまり、タイヤ内のシーラントが少なくなっている場

  • チューブレスタイヤ修理キット:DART TOOLのご紹介。

    2022.04.23

    チューブレスタイヤ修理キット:DART TOOLのご紹介。

    ※)4月24日(日)はイベント開催のため臨時休業致します。 チューブレスレディ製品の老舗:Stan’s Notubeが開発したチューブレスレディタイヤ用パンクリペアキット:DART TOOLのご紹介。 Sta

  • 若干ですが在庫アリ! RockShox フロントサスペンション

    2022.04.22

    若干ですが在庫アリ! RockShox フロントサスペンション

    ※)4月24日(日)はイベント開催のため臨時休業いたします。 トレイルでMTBを楽しむ際のマストアイテムが、サスペンションというパーツ。 サスペンションは路面からの振動や衝撃を吸収してライダーへの負担を軽減し、タイヤが路

  • スルーアクスルの取扱いにはご注意を!

    2022.04.21

    スルーアクスルの取扱いにはご注意を!

    <スルーアクスルの取扱いにはご注意を!> ホイールを外す際、何気なくフロントアクスルやリアアクスルを地面に直接置いてしまうことがありますが、アクスルのネジ部には砂や小砂利が付着しないよう慎重に扱いましょう。 もし、ネジ部

上へ