facebook instagram

マウンテンバイク(MTB)販売/オーバーホール/修理の専門店MDS

TEL.03-3956-4314

  • AM 11:00~PM 20:00 (日曜日 PM 19:00まで)
  • 定休日:毎週火曜日・水曜日お問い合わせ
  • BIKE PARTS GOODS
  • MAINTENANCE
  • CUSTOMIZE

4ポッドキャリパーでのフェーシングの必要性

2019.04.13

以前、ディスクマウントのフェーシングの重要性をお伝えしましたが、エンデューロ系もしくはDH系バイクでよく使われる4ポット(4ピストン)キャリパーを使用する場合は、よりディスクマウント・フェーシングの必要となってきます。

4ポッドキャリパーでは、使用するディスクパットの長さが2ポッドキャリパーに比べ長くなるため、ディスクローターとディスクパッドとが接する長手方向の面積が広くなります。

もし、ディスクマウントとローターとの位置関係が完全に並行となっていなければ、接する面積が減少し本来の制動性能を発揮出来ません。

また、お互いに干渉しやすくなるため異音発生の原因となります。

4ポッドキャリパーを取り付ける際のフェーシングは、ブレーキ性能および作業効率向上に大きく貢献します。

上へ