facebook instagram

マウンテンバイク(MTB)販売/オーバーホール/修理の専門店MDS

TEL.03-3956-4314

  • AM 11:00~PM 20:00 (日曜日 PM 19:00まで)
  • 定休日:毎週火曜日・水曜日お問い合わせ
  • BIKE PARTS GOODS
  • MAINTENANCE
  • CUSTOMIZE

末期的状況なブレーキフルード

2019.07.18

シマノのディスクブレーキのエア抜きを始めたら、マスターシリンダーからほぼ重油化したブレーキフルードがジュワジュワと・・・。

ちなみにトップ画像は、シリンジ1本分の新しいブレーキフルードを流し終え、さらに追加のブレーキフルードを流している途中に撮影した画像であります。(これでも十分汚い・・・弊店史上最悪の汚れ方)

新品のブレーキフルードは、無色透明もしくは透き通ったピンクやブルーの色を呈していますが、経年劣化や吸湿、システム内に発生するスラッジ、外部から侵入する異物などの影響で徐々に黒濁化していきます。

今回の様な状態でも、エア噛みさえ起こしていなければ、このブレーキは普通風に使えていました。

しかし、フルードの劣化は、制動性能の低下だけでなく、ブレーキシステム内の詰まり、吸湿によるシステム内の錆びの発生、各部シールへの悪影響等、確実にブレーキシステムにダメージを与え、最悪の場合、ライド中にシステムに異常をきたし、大きなトラブルに繋がる可能性もあります。

しばらくブレーキのメンテナンスをされていない方、下り系ライドやレース等の参加でブレーキを多用されている方は、ブレーキメンテナンスをお早めにどうぞ!

上へ