facebook instagram

マウンテンバイク(MTB)販売/オーバーホール/修理の専門店MDS

TEL.03-3956-4314

  • BIKE PARTS GOODS
  • MAINTENANCE
  • CUSTOMIZE

M.D.S. Blog「てんちょ日記」

日毎のたわごとや新商品、イベントのご案内等を徒然なるまま書きつづる店長ブログ。

  • こんなんいかがでしょ? DMR スペシャル・エディション ペダル

    2022.05.14

    こんなんいかがでしょ? DMR スペシャル・エディション ペダル

    耐久性の高いトリプルアルマイト処理を施された限定ペダルのご紹介。 DMR Vault Special Edition LIQUID GREEN CAMO :¥22,000(税込) Vaultペダルは高い人気を持つ定番フラ

  • なんでもキッチリ嵌まればオーケー!ばかりではない。

    2022.05.13

    なんでもキッチリ嵌まればオーケー!ばかりではない。

    バイクの組み上げやメンテナンスの際、しばしば遭遇する問題がパーツの嵌め合い。 例え高精度のパーツであっても、フレームや周囲のパーツ精度に問題があれば、しっくり嵌まりませんし、また、その逆の場合も多々あります。 なんでもキ

  • 武蔵野サイクリングで足慣らし&バイクチェック!

    2022.05.10

    武蔵野サイクリングで足慣らし&バイクチェック!

    気の合う仲間と出かけていた”しまなみ海道ツアー”を2年ぶりに復活させることになり、今日は、先日プチオーバーホールした我が旅バイク(2018 KONA SUTRA LTD)のバイクチェックと足慣らしを兼ね、小金井公園までプ

  • このリム傷、意外と危険です。

    2022.05.09

    このリム傷、意外と危険です。

    上の画像はリム打ちパンクを起こした際に受けたリムのダメージ。 さて、この状態のままホイールを使い続けるとどうなるのか? 正解は、荷重を受けた際に変形したタイヤのサイドウォールが、このリムの傷に擦れて損傷、結果としてタイヤ

  • こんなん出来ちゃいました!Authorized 33rpm Enduroカスタム

    2022.05.08

    こんなん出来ちゃいました!Authorized 33rpm Enduroカスタム

    日本のトレイルをターゲットにデザインされたクロモリハードテイルバイク・Un Authorized 33rpm Enduro、このバイクをベースにお好みのカラーとパーツで組み上げたトレイルバイクのご紹介。 今回のカスタムの

  • こんなんいかがでしょ?2022 KONA HONZO。

    2022.05.07

    こんなんいかがでしょ?2022 KONA HONZO。

    2022 KONA HONZO:¥198,000(税込)完売しました! ヘッドアングル67°、シートアングル76°、リアセンター420㎜という最新のジオメトリーにより、29x2.25のワイドタイヤを履きながら、29erら

  • 先日納車した22 Rocky Mountain INSTINCT C50

    2022.05.06

    先日納車した22 Rocky Mountain INSTINCT C50

    先日納車した22 Rocky Mountain INSTINCT C50のご紹介. 2022 RockyMountain INSTINCT  C50:¥693,000(税込))RED /GOLD INSTINCT C50

  • 大渋滞を抜け南アルプスのトレイルをロングライド

    2022.05.05

    大渋滞を抜け南アルプスのトレイルをロングライド

    ゴールデンウィーク後半初日の3日は、南アルプスマウンテンバイク愛好会さん主催のトレイルライドに参加してまいりました。 早朝5時出発というのに中央道は既に渋滞しており、首都高西池袋〜中央道八王子間に1時間半かかるというあり

  • 先輩から受け継いだPROCESS 153をカスタマイズ!

    2022.05.04

    先輩から受け継いだPROCESS 153をカスタマイズ!

    弊店の常連さんから別の常連さんへと受け継がれた、下り系にカスタマイズされた2014 KONA PROCESS 153。 このバイクのセカンドオーナーさんから、このバイクの戦闘力を高めていということで、今回はホイールと駆動

  • タイヤの寿命について

    2022.05.02

    タイヤの寿命について

    このタイヤは、まだ使えますか?というご質問をお客さまからよく頂きます。 下の画像の様に極端にトレッド部が消耗してしまったものは、容易に寿命と判断出来ますが、トレッド部がしっかり残っていても、タイヤ素材が劣化してしまったタ

上へ