facebook instagram

マウンテンバイク(MTB)販売/オーバーホール/修理の専門店MDS

TEL.03-3956-4314

  • BIKE PARTS GOODS
  • MAINTENANCE
  • CUSTOMIZE

Maintenance「メンテナンスのチップス・オーバーホールについて」

日常起こりうるトラブルと原因や、メンテナンスチップスの紹介と、愛車の健康を維持するためのオーバーホール等のご案内。

  • 自転車屋には役立ちますが、一般の方には?という工具のご紹介。

    2020.02.29

    自転車屋には役立ちますが、一般の方には?という工具のご紹介。

    自転車屋には役立ちますが、一般の方には?という工具のご紹介。 さて、画像の工具は「トラスねじバイス」という工具であります。 ネジ穴をなめてしまったネジの頭部をこの工具でしっかりとクランプし、そのネジを回すために使うスペシ

  • ちょいとオーバーホール&ちょいとカスタマイズ

    2020.02.28

    ちょいとオーバーホール&ちょいとカスタマイズ

    立て込んでいたオーバーホールも一段落した感がある昨今、しばらく乗らずにいた愛車を乗れるようにして欲しいというリターン組さんからのご依頼が増えております。 最新のMTBに比べ山での戦闘力は劣るとはいえ、街乗りがメインであれ

  • いっそ通学バイク 

    2020.02.23

    いっそ通学バイク 

    画像のバイクは昔からの常連さんのご依頼を受け、2005 Rocky Mt. ETS-X 50をベースに街乗り&通学用としてカスタマイズしたバイクであります。 元々の持ち主は、大島ツアーをはじめとするMTBツアーに積極的に

  • なかなかの消費量です。

    2020.02.22

    なかなかの消費量です。

    マウンテンバイク屋の作業で、ほぼ毎日行っている作業がディスクブレーキのブリーディング作業、俗に言うエア抜きですが、一般ユーザー向けのマニュアルに記されている方法では、このブリーディング作業で使うブレーキフルードの量はさほ

  • リアショックのオーバーホールとアップグレード

    2020.02.18

    リアショックのオーバーホールとアップグレード

    先日、リアショックの修理やオーバーホールについてお話ししましたが、リアショックについてのオーバーホールとアップグレードについてもお伝えしようかと。 <リアショックのオーバーホール> 画像はフルオーバーホールを行った、 R

  • 現在のオーバーホール進捗状況

    2020.02.17

    現在のオーバーホール進捗状況

    昨年から続いているバイクのフルオーバーホールですが、ご依頼分の7割方が終了し、今週末あたりからご予約受け入れが可能な状況になりました。 なにぶん時間のかかる作業ですので、バイクのお預かりから状態により約2週間ほどお預かり

  • 古いリアショックの修理について

    2020.02.16

    古いリアショックの修理について

    最近、古いリアショックの修理についてのお問い合わせが増えています。 リアショックの修理やオーバーホールには、そのモデルに応じたパーツが必要となりますが、メーカーや国内代理店の補修パーツ保有期間は、そのモデルの生産終了後か

  • フレームのアジャスト機構の活用

    2020.02.13

    フレームのアジャスト機構の活用

    MTBのフレームはその用途に応じたジオメトリー(フレーム各部の角度やサイズ)で作られています。 ほとんどのバイクのジオメトリーは固定となりますが、一部のモデルではフレームに設けられたアジャスト機構でジオメトリーを可変させ

  • 汗もバイクトラブルの一因です。

    2020.02.10

    汗もバイクトラブルの一因です。

    相変わらず、バイクの組立とオーバーホールで忙しい日々を送っております。 さて、トップ画像はオーバーホール途中で撮影したカーボンハードテイルのシートチューブの内部。 オーナーさんの汗がシートチューブ内に入り込み凝固、さらに

  • チューブレスレディー用バルブの締め過ぎに注意!

    2020.02.06

    チューブレスレディー用バルブの締め過ぎに注意!

    チューブレス用テープの張り方をアドバイスしましたが、チューブレスバルブの取り付け方についてのアドバイスもついでに。 バルブを取り付ける場合は、バルブのゴム部を指などでリムの内側に向かって強く押し込み、固定用リングを指で強

上へ