facebook instagram

マウンテンバイク(MTB)販売/オーバーホール/修理の専門店MDS

TEL.03-3956-4314

  • AM 11:00~PM 20:00 (日曜日 PM 19:00まで)
  • 定休日:毎週火曜日・水曜日お問い合わせ
  • BIKE PARTS GOODS
  • MAINTENANCE
  • CUSTOMIZE

Maintenance「メンテナンスのチップス・オーバーホールについて」

日常起こりうるトラブルと原因や、メンテナンスチップスの紹介と、愛車の健康を維持するためのオーバーホール等のご案内。

  • 最初っから、ちょいとファインチューニング

    2018.03.09

    最初っから、ちょいとファインチューニング

    フロントサスペンションはメーカーやモデルにより、初期の動きが若干シブイものがあります。 弊店では、カスタムバイクの製作やフォークのアップグレードを行う際、ファインチューニングリストに載せてあるモデルや、動きのシブイものに

  • フリーボディーのメンテナンス

    2018.03.08

    フリーボディーのメンテナンス

    リアホイールのフリーボディーは、カセットコグに加わった駆動力をホイールに伝え、ペダルを漕いでいないときはリアホイールを抵抗なく回転させるという働きをしています。 フリーボディーの動作不良は、カセットコグの空回りやホイール

  • サスのメンテも定期的に

    2018.03.01

    サスのメンテも定期的に

    画像はノーメンテで数年間使い続け、動きがあまりに重くなったということで持ち込まれたサスペンションの内部画像。 アウターレッグ内の潤滑用オイルは枯渇してカラッカラ、乾いたダストワイパー下部のブッシングも結構なダメージを受け

  • タイヤのサイドウォール、こうなっちゃたら要交換です。

    2018.02.25

    タイヤのサイドウォール、こうなっちゃたら要交換です。

    トップ画像は、既に寿命を迎えているタイヤの画像であります。 何がどうなっているのかというと、タイヤのサイドウォールが経年劣化のため、剥がれ落ち、中のケーシングが見えてしまっているという状況。 タイヤの内部を保護するための

  • 末永くヨロシクね的オーバーホール

    2018.02.22

    末永くヨロシクね的オーバーホール

    現在、オーバーホール中のバイクは2003年に弊店でご購入頂いた、TREK 6700、約14年間に渡り、ご自宅から仕事場への通勤の足として、週に5日間、往復30kmを走っている働き者バイクであります。 日々通勤で使うバイク

  • こんなん使ってます。TSUBOSAN ダイヤモンドヤスリ:DSHI0520

    2018.02.02

    こんなん使ってます。TSUBOSAN ダイヤモンドヤスリ:DSHI0520

    東京は2度目の積雪に見舞われましたが、今回は降雪量も少なく、交通への影響も少なかった様子、そして、そんな天候にも関わらず、カスタムバイクの製作やオーバーホール、そして諸々の修理等々で相変わらず忙しい日々を送っております。

  • フルオーバーホール完了! 初代オータケ・トレイルヘッド

    2018.02.01

    フルオーバーホール完了! 初代オータケ・トレイルヘッド

    先日ご紹介した、オータケの初代トレイルヘッドのフルオーバーホールが終了いたしました。 16年間の使用による塗装の劣化&多数のスクラッチのため、フレームをMTBショップ・オオタケの大竹さんにお願いして全塗装。 フロントフォ

  • フルオーバーホールを兼ねフルペイント

    2018.01.29

    フルオーバーホールを兼ねフルペイント

    お客さまが約16年間乗り続けてきた、OTAKEの初代トレイルヘッド。 フレームのスクラッチも大分目立ってきたので、フルオーバーホールと同時にフレームを塗り替えたいというご要望があり、どう塗り替えるかと模索しているうちに、

  • フルオーバーホール完了! 2014 KONA EXPLOSIF

    2018.01.28

    フルオーバーホール完了! 2014 KONA EXPLOSIF

    フルオーバーホールのご依頼を受けていた2014 KONA EXPLOSIFのオーバーホール作業が終了しました。 弊店で購入後3年間、しっかりと愛用して頂いてきた分、問題を抱えていた部分も多く、特に前後ホイールのハブはダメ

  • ちょいとひと手間 完組ホイールの調整

    2018.01.26

    ちょいとひと手間 完組ホイールの調整

    メーカーにもよりますが、有名なメーカーの完組ホイールでさえ、箱から取り出したままの状態では、若干の振れもありますし、スポークテンションのバラツキもあります。 弊店では、各メーカー、各モデルのスポークテンションを実測し、そ

上へ