facebook instagram

マウンテンバイク(MTB)販売/オーバーホール/修理の専門店MDS

TEL.03-3956-4314

  • AM 11:00~PM 20:00 (日曜日 PM 19:00まで)
  • 定休日:毎週火曜日・水曜日お問い合わせ
  • BIKE PARTS GOODS
  • MAINTENANCE
  • CUSTOMIZE

Maintenance「メンテナンスのチップス・オーバーホールについて」

日常起こりうるトラブルと原因や、メンテナンスチップスの紹介と、愛車の健康を維持するためのオーバーホール等のご案内。

  • メンテナンスとオーバーホールのススメ!

    2019.07.13

    メンテナンスとオーバーホールのススメ!

    <メンテナンスとオーバーホールのススメ> ダウンヒルライドや耐久レース等で酷使したバイクは予想以上に疲れダメージを受けています。また、通常のトレイルライドでも、走行距離や経年とともにフレームやパーツは徐々に疲労し劣化して

  • 意外と気がつかないBBのトラブル

    2019.07.08

    意外と気がつかないBBのトラブル

    トップ画像はBBの調子が悪いということで入院してきたバイクのプレスフィットBB(ボトムブラケット)。 クランクセットを外しチェックしたところ、ドライブサイドのベアリングはほとんど回らないという状態でした。 BBの不調は意

  • こうなったら寿命です!消耗したフロントチェンリング。

    2019.07.06

    こうなったら寿命です!消耗したフロントチェンリング。

    今回、フルオーバーホールを行ったRAWLANDのDRAKKER。 作業前にトルクをかけてペダリングするとチェーンが滑るという現象を承っていたのですが、その原因はフロントチェンリングの経年使用による消耗でした。 前出の画像

  • 使用目的に応じたギアのカスタマイズ  Part2

    2019.07.01

    使用目的に応じたギアのカスタマイズ Part2

    マウンテンバイクの駆動系は、フロントシングルとワイレンジカセットコグとの組み合わせが既にスタンダード化しておりますが、シマノ12速のミドルレンジモデルが発売されたことで、駆動系のアップグレードやカスタマイズの幅がさらに広

  • ヤバイかな?と思ったら、無理をするのは止めましょう。

    2019.06.30

    ヤバイかな?と思ったら、無理をするのは止めましょう。

    トップの画像は、フォークのネジ部に異物があるにも関わらず、無理やりスルーアクスルをねじ込み、クイックシャフトを破断してしまったの図であります。 幸運だったのはPIKEのロワーレッグ・ネジ部のダメージがそれほど酷くなく、タ

  • ドロッパーシートポストのトラブル

    2019.06.29

    ドロッパーシートポストのトラブル

    トレイルのシチュエーションに合わせ、サドル高を自在に可変出来るドロッパーシートポストは、一度使ったら手放せないトレイルライドの必須アイテム。 便利この上ないアイテムですが、たまにサドルの上がりが遅い、リモート操作の反応が

  • 消耗戦後はきっちりメンテナンス!

    2019.06.28

    消耗戦後はきっちりメンテナンス!

    トップ画像は、先の王滝100㎞で完走したRocky Mt.のElementカーボンのBB周りの画像。 弊店からも数人のメンバーが王滝に参加しておりますが、このElementのオーナーは毎回100kmや120kmを完走され

  • ケーブルルーティンのシミュレーション

    2019.06.26

    ケーブルルーティンのシミュレーション

    ブレーキホースやシフターケーブルをフレームに仮留めしているブラックの細いベルトはリピートタイという、何度でも取り外しが出来るタイラップ。 マウンテンバイクは、他のスポーツバイクに比べ、ハンドルやリアサスペンションの動きを

  • 11速用&12速用のチェーンコネクティングリンクは再使用不可です!

    2019.06.25

    11速用&12速用のチェーンコネクティングリンクは再使用不可です!

    画像はシマノの11速用チェーンを繋ぐ、クイックリンクという名のコネクティングリンク。 最近のシマノ製チェーンでは、このクイックリンクがコネクティングピンに替わり、コネクティングリンクが付属するものも増えて来ました。 SR

  • チェックしてますか?愛車のディスクローター。

    2019.06.16

    チェックしてますか?愛車のディスクローター。

    トップの画像はクラッシュした際に部分的に大きく変形してしまったディスクローター。 こうなってしまうと、もはや矯正することは不可能。 ディスクローターとブレーキパッドとの関係は、コンマ数㎜という間隔に保たれているので、無理

上へ