facebook instagram

マウンテンバイク(MTB)販売/オーバーホール/修理の専門店MDS

TEL.03-3956-4314

  • AM 11:00~PM 20:00 (日曜日 PM 19:00まで)
  • 定休日:毎週火曜日・水曜日お問い合わせ
  • BIKE PARTS GOODS
  • MAINTENANCE
  • CUSTOMIZE

Maintenance「メンテナンスのチップス・オーバーホールについて」

日常起こりうるトラブルと原因や、メンテナンスチップスの紹介と、愛車の健康を維持するためのオーバーホール等のご案内。

  • メンテナンスの必需品!

    2019.09.02

    メンテナンスの必需品!

    定番ツールや専用工具、そしてメンテナンススタンドと同様、オーバーホールやメンテナンスに欠かせないマストアイテムが画像の「Scott SHOP TOWELS」というペーパータオル。 ペーパータオルは、パーツクリーニングやデ

  • フルオーバーホールの受け入れ、しばしストップです!

    2019.09.01

    フルオーバーホールの受け入れ、しばしストップです!

         フルオーバーホールのご依頼が続いたため、弊店の受け入れキャパが満杯になってしまいました。 大変申し訳ありませんが、しばらくの間、フルオーバーホールのご依頼については、ご予約の受付のみとさせて頂きます。 現在、お

  • チューブレスバルブのシーラント詰まりにご用心!(改訂版)

    2019.08.31

    チューブレスバルブのシーラント詰まりにご用心!(改訂版)

    チューブレスタイヤで、パンクしていないのにタイヤのエアがスローリークする、ポンプでスムーズにエアが入らない等のトラブルの原因として、エアバルブのバルブコアの作動不良が考えられます。 上の画像は、エアバルブのバルブコア内側

  • フルオーバーホール&アップグレード 2012 Rocky Mt.Blizzard

    2019.08.25

    フルオーバーホール&アップグレード 2012 Rocky Mt.Blizzard

    お陰さまで相変わらず、フルオーバーホールのご依頼が絶えませんが、今回ご紹介するバイクは、2012に弊店でカスタムメイドしたRocky Mountain のクロモリハードテイルとしては最終型となったBlizzard。 今回

  • この傷、意外と危険です。

    2019.08.24

    この傷、意外と危険です。

    上の画像はリム打ちパンクを起こした際に受けたリムのダメージ。 さて、この状態のままホイールを使い続けるとどうなるのか? 正解は、荷重を受けた際に変形したタイヤのサイドウォールが、このリムの傷に擦れて損傷、結果としてタイヤ

  • 本日納車のカスタマイズバイク2台

    2019.08.11

    本日納車のカスタマイズバイク2台

    ※)M.D.S.はお盆期間中も定休日(火曜日&水曜日)を除き通常営業しております。 本日納車したカスタマイズバイク2台のご紹介。 1台目は、以前アドベンチャーレース用として使っていたSCOTTのアルミハードテイルから、超

  • Dot系ブレーキフルードに気をつけろ!

    2019.08.09

    Dot系ブレーキフルードに気をつけろ!

    過去に何度もお伝えしているDot系ブレーキフルードを使ったディスクブレーキのお話し。 特にこの時期、湿度と気温が高い日が続くと、メンテナンスを怠っているDot系ディスクブレーキでは、ブレーキレバーの遊び無くなり、時にはレ

  • リアカセットコグの回転が妙に重い・・・

    2019.08.06

    リアカセットコグの回転が妙に重い・・・

    クランクを逆回転させると、チェーンがたるんでしまうほどリアカセットコグの回転が重いという現象。 原因をチェックするためリアフリーボディーを分解したところ、フリーボディーを含めハブのベアリング周りがえらいことになっておりま

  • マウンテンバイク屋の性

    2019.07.28

    マウンテンバイク屋の性

    あいかわらずバイクのカスタムやオーバーホール等で忙しい日々を送っております。 さて、先日ご来店されたお客様が、ちゃんとマウンテンバイクをみてくれる店があまりないとおっしゃっておりました。 確かにメンテナンスのスキルはもち

  • 締め過ぎに注意・・ですぞ。

    2019.07.24

    締め過ぎに注意・・ですぞ。

    画像は、メンテナンスを進めて行く途中に見つけた、ステムキャップのクラック。 もし、このまま乗り続けていたら、ステムのクラックがさらに進行し・・・・OMG。 さて、パーツ組付けの際に、ボルトやナットをついつい締め付け過ぎて

上へ