1989年創業のマウンテンバイク(MTB)専門店 | MDS

マウンテンバイク(MTB)販売/オーバーホール/修理の専門店MDS

TEL.03-3956-4314

facebookinstagram
  • AM 11:00~PM 20:00 (日曜日 PM 19:00まで)
  • 定休日:毎週火曜日・水曜日お問い合わせ
  • BIKE PARTS GOODS
  • MAINTENANCE
  • CUSTOMIZE

Maintenance「メンテナンスのチップス・オーバーホールについて」

日常起こりうるトラブルと原因や、メンテナンスチップスの紹介と、愛車の健康を維持するためのオーバーホール等のご案内。

  • 締め過ぎに注意・・ですぞ。

    2017.09.13

    締め過ぎに注意・・ですぞ。

    画像は、メンテナンスを進めて行く途中に見つけた、ステムキャップのクラック。 もし、このまま乗り続けていたら、ステムのクラックがさらに進行し・・・・OMG。 さて、パーツ組付けの際に、ボルトやナットをついつい締め付け過ぎて

  • こんなん使ってます。UNIORサスペンションサービスセット

    2017.09.11

    こんなん使ってます。UNIORサスペンションサービスセット

    サスペンションのメンテナンスやオーバーホールには、豊富な経験と知識、メーカーと直結した情報ライン、そして、正確な作業を行うための専用工具が必要となります。 サスペンションの修理やオーバーホールを日常的に行っていると、それ

  • これもひとつのプロツール

    2017.09.01

    これもひとつのプロツール

    トップ画像のポンプは、ご存じの方も多いと思いますが、エアサスペンションにエアを入れるための専用ポンプであります。 上のポンプと下のポンプは見た目にも長さが大きく異なりますが、エアゲージの表示を見て頂くと通常のサスポンプの

  • ベアリングのお話し。

    2017.08.14

    ベアリングのお話し。

    一部のバイクを除き、ほとんどのフルサスバイクのリアサスペンションに使われているカートリッジベアリング。 カートリッジベアリングはノーメンテでよい、なんて勘違いされている方が度々いらっしゃいますが、かなりの負荷を請け負うパ

  • Dot系ディスクブレーキの保存について

    2017.08.14

    Dot系ディスクブレーキの保存について

    画像は修理で持ち込まれた、AVIDのJUISY ULTIMATEのマスターシリンダー。 バイクから外した状態でしばらく放置していたら、ブレーキレバーの戻りが極端に悪くなってしまったとのこと。 キャリパーは動きが重いものの

  • こんなんいかがでしょ?バイクに合わせて組むカスタムホイール

    2017.07.28

    こんなんいかがでしょ?バイクに合わせて組むカスタムホイール

    カスタムバイクを製作する場合や、バイクのアップグレードの際によく用いられるのが完組ホイールセットを使用するというパターン。 リムとハブ、そしてスポークを一つのシステムとしてデザインされた完組ホイールは完成度も高く、ある意

  • ここをチェック!チューブレスレディータイヤのエア漏れ

    2017.07.22

    ここをチェック!チューブレスレディータイヤのエア漏れ

    チューブレスレディータイヤは、ホイールの軽量化、パンクの防止、タイヤ性能の向上、エア圧の保持等、多くのメリットを持っています。 正しくセットアップされたチューブレスレディータイヤは長時間に渡りエア圧を保持しますが、2~3

  • ヘッドセットの緩み

    2017.06.24

    ヘッドセットの緩み

    今では当たり前のようになってしまったアヘッドタイプのヘッドセット。 ベアリングの玉当たり調整がし易く、軽量で高剛性、さらにヘッドのガタが出にくいという特徴がありますが、ヘッドセットパーツ自体の消耗や、ステムの交換もしくは

  • マウントアダプターは純正品を使いましょう!

    2017.06.16

    マウントアダプターは純正品を使いましょう!

    ブレーキのセットアップはプロとしても、かなり気を使う作業であります。 さて、トップの画像はマグラのMTブレーキキャリパーの取付けに、シマノのブレーキマウントアダプターを使用してしまった例。 ブレーキキャリパーの取付けに純

  • こんな表示にご用心

    2017.06.15

    こんな表示にご用心

    もう当たり前の話ですが、部品に画像の様な表記がされている場合は、その指定トルク以内で締めるようにしましょう。 もし、トルクレンチをお持ち出ない場合は6角レンチであれば、なるべく首の近くを持って慎重に締め込んでください。


上へ