1989年創業のマウンテンバイク(MTB)専門店 | MDS

マウンテンバイク(MTB)販売/オーバーホール/修理の専門店MDS

TEL.03-3956-4314

facebookinstagram
  • AM 11:00~PM 20:00 (日曜日 PM 19:00まで)
  • 定休日:毎週火曜日・水曜日お問い合わせ
  • BIKE PARTS GOODS
  • MAINTENANCE
  • CUSTOMIZE

Maintenance「メンテナンスのチップス・オーバーホールについて」

日常起こりうるトラブルと原因や、メンテナンスチップスの紹介と、愛車の健康を維持するためのオーバーホール等のご案内。

  • フリーボディーからの異常音

    2018.04.15

    フリーボディーからの異常音

    メンテナンスでお預かりしたバイクの調整中に気付いた、DTホイール・フリーボディーから異常音。 聞き慣れたDTのスターラチェット音に比べると、乾いた大きな音だったので、リアハブのフリーホイール部を分解してチェックしました。

  • チェーンの交換はお早めに

    2018.04.14

    チェーンの交換はお早めに

    駆動力を後輪に伝えるという重要な仕事をこなしている割に、意外とメンテナンスされないパーツがチェーン。 修理や調整に訪れる方のチェーンをチェックしてみると、かなりのチェーンが要交換領域で、末期的状態のチェーンもちらほらと。

  • チューブレスバルブのシーラント詰まりにご用心

    2018.04.14

    チューブレスバルブのシーラント詰まりにご用心

    チューブレスレディータイヤにおいて、空気がスムーズに入らない、タイヤのエアがスローリークする等の原因として、エアバルブの詰まりが、その原因のひとつとして考えられます。 トップ画像は、エアバルブのバルブコア内側に固形化した

  • サスペンション・オーバーホールのタイミング

    2018.04.07

    サスペンション・オーバーホールのタイミング

    画像は現在オーバーホール中の、RockShoxのチャージャーダンパーの画像であります。 オーバーホールのお依頼を受け、ダンパーを分解したところ、ダンパー内が思いのほか汚れておりました。 お聞きしていたフォークの使用期間は

  • 見た目は、まだイケそうですが・・・

    2018.04.06

    見た目は、まだイケそうですが・・・

    トップ画像は、Rocky Mt. Thunderboltのフロントタイヤ。 以前、トレイルをライドした際に、タイヤのグリップが落ちているような感覚はあったのですが、忙しかったこともあり、そのまま交換せずに先週末のクロスカ

  • 締め過ぎ注意!チューブレスレディー用バルブ

    2018.03.11

    締め過ぎ注意!チューブレスレディー用バルブ

    チューブレスレディーホイールで、バルブの固定用リングをラジオペンチやプライヤーで強く締めつける方がいらっしゃいますが、これは間違いですのでご注意を! 工具を使ってバルブの固定用リングを強く締めてしまうと、バルブ根元のゴム

  • 最初っから、ちょいとファインチューニング

    2018.03.09

    最初っから、ちょいとファインチューニング

    フロントサスペンションはメーカーやモデルにより、初期の動きが若干シブイものがあります。 弊店では、カスタムバイクの製作やフォークのアップグレードを行う際、ファインチューニングリストに載せてあるモデルや、動きのシブイものに

  • フリーボディーのメンテナンス

    2018.03.08

    フリーボディーのメンテナンス

    リアホイールのフリーボディーは、カセットコグに加わった駆動力をホイールに伝え、ペダルを漕いでいないときはリアホイールを抵抗なく回転させるという働きをしています。 フリーボディーの動作不良は、カセットコグの空回りやホイール

  • サスのメンテも定期的に

    2018.03.01

    サスのメンテも定期的に

    画像はノーメンテで数年間使い続け、動きがあまりに重くなったということで持ち込まれたサスペンションの内部画像。 アウターレッグ内の潤滑用オイルは枯渇してカラッカラ、乾いたダストワイパー下部のブッシングも結構なダメージを受け

  • タイヤのサイドウォール、こうなっちゃたら要交換です。

    2018.02.25

    タイヤのサイドウォール、こうなっちゃたら要交換です。

    トップ画像は、既に寿命を迎えているタイヤの画像であります。 何がどうなっているのかというと、タイヤのサイドウォールが経年劣化のため、剥がれ落ち、中のケーシングが見えてしまっているという状況。 タイヤの内部を保護するための


上へ